2020-12

スポンサーリンク
Jリーグ

ストーブリーグも本格化part4【12月20日まで】

前回からちょうど2週間が経過してしまいました。シーズン終盤だったので試合関連の記事を書いていたら移籍のことが疎かになっていました。そしてここ最近は毎日のように多くの情報が出てきます。さらにリーグ戦が終了しましたのでこれからはどんどん出てくるでしょう。
Jリーグ

荒木遼太郎、沖悠哉のベストヤングプレーヤー賞の可能性について

12月19日をもちまして無事にJ1リーグ戦の全日程が消化されました。当初は縮小案もあった中で34試合が行われまずは一安心です。今シーズンの残り試合は天皇杯の5回戦、準々決勝、準決勝、決勝とルヴァン杯決勝のみです。まだまだ予断を許さない状況は続いていますがこちらも最後まで開催されることを祈ります。
鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズの年度別最終戦の結果は

12月19日のJ1リーグ第34節セレッソ大阪戦をもちまして鹿島アントラーズの2020年シーズンが終了となります。ほぼ7月開幕のようなものだったのでかなり凝縮された半年でした。また2016年から怒涛のシーズンを過ごしてきた鹿島にとって12月中旬の終了はかなり早く感じます。来年は2月の最終週にJリーグが開幕予定なのでそこまで公式戦はありません。
鹿島アントラーズ

いよいよラスト、セレッソ大阪戦

12月19日は第34節セレッソ大阪戦がカシマサッカースタジアムで行われます。今年はコロナ禍で異例続きの年でした。それもついにリーグ戦の最終節にまでたどり着きました。フランスやオランダ、ベルギーなど打ち切りのリーグがあった中で日本はよくここまで来られました。
Jリーグ

最終節のポイント【記録ラッシュの第33節を終えて】

12月16日はJ1第33節の6試合が各地で行われました。そしてコロナ禍で変則開催であったシーズンもついに全クラブが33試合で消化で並びました。残すところは12月19日の第34節のみです。まずは今節の結果です。
鹿島アントラーズ

山口一真の大怪我と過去に復帰した選手

今季鹿島からJ2水戸ホーリーホックにレンタル移籍中の山口一真が11月29日の第37節愛媛FC戦で左膝前十字靱帯損傷・左膝外側側副靱帯損傷で全治6ヵ月の大怪我を負いました。状況としましては引水タイム明けの前半23分に山口がシュートモーションに入ったところをブロックに来た相手DF山崎浩介と接触しました。山口は相当飛んでいたのでかなりの接触があったと思われます。
Jリーグ

スコアレスドローの確率は【第32節の珍記録】

12月12日にJ1リーグ第32節が各地で6試合行われました。そこで鹿島アントラーズvs清水エスパルス以外の5試合が全て引き分けという結果でした。まずは結果を振り返りましょう。
鹿島アントラーズ

鹿島での2トップの二桁得点は7年ぶりの記録【上田とエヴェラウド】

鹿島アントラーズは第32節清水エスパルス戦を2-0で勝利しました。きっちり大事な勝ち点3を積み上げられたことには満足しています。同日試合のあった3位名古屋、4位セレッソはともに引き分けでした。
鹿島アントラーズ

カシスタが1番熱かった夜【最多観客動員試合】

カシマサッカースタジアムでのホームリーグ戦で一番観客が入ったのはどの試合かおわかりですか。今年は例外ですが近年では浦和レッズとの試合で3万人を少し超えるくらいです。開幕戦はあまり入らない傾向がありますがシーズン終盤の何試合かが3万人いけばいい方です。
鹿島アントラーズ

清水エスパルスとの決勝戦【過去3試合】

12月12日は第32節清水エスパルス戦がカシマサッカースタジアムで16:00キックオフです。最近は寒い日が続きます。また鹿嶋の夜は寒いです。コロナもまだまだ収束する気配はありませんので気を付けて観戦したいですね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました