樋口雄太は欠かせない存在へ【移籍組のレギュラーを振り返る】

鹿島アントラーズ

近年生え抜きの選手がどんどん減っています。

鹿島のレギュラーが国内移籍することはあまりありませんが、海外移籍が非常に多くなっています。

特に若手がようやくレギュラークラスに育ってくるとすぐ海外のチームに目をつけられてしまいます。

最近はJリーガーになるのではなく海外でのプレーを夢見るサッカー少年が増えているため仕方のないことですが残念です。

そのためチーム作りが以前より困難になり他チームからの移籍も増えました。

鹿島のポリシーとして日本人ならバリバリの代表選手でなく、これから日本代表に入りそうな候補選手を獲ってきました。

これまでJリーグ開幕以降、国内移籍をしてきた日本人は36人いました。(レンタル移籍も含む)

1993~2010年が11人で、2011~2022年が25人とここ10年ほどで一気に増えています。

果たして移籍組はレギュラーになれているのでしょうか。

およそリーグの試合数の80%に出場すればレギュラーと言えるのではないかと思います。

これまでその基準に達している選手を振り返ってみます。

1996年入団
高桑大二朗(横浜マリノス→)
1999年 30試合中26試合出場
2000年 30試合中30試合出場
最初はマリノスに入団も3年間リーグ戦出場が0でした。
しかし鹿島に来て飛躍した選手です。
2000年の三冠時の正GKです。
彼なしでは全タイトル制覇は成し遂げられなかったでしょう。

1997年入団
名良橋晃(ベルマーレ平塚→)
1998年 34試合中33試合出場
2000年 30試合中26試合出場
2001年 30試合中27試合出場
2002年 30試合中25試合出場
2003年 30試合中27試合出場
ジョルジーニョを慕って鹿島に移籍してきました。
弾丸のようなオーバーラップが魅力でした。
日本代表での貢献度を考えると最も成功した移籍選手ではないでしょうか。
鹿島の右サイドバック像を築いた背番号2です。

2003年入団
大岩剛(ジュビロ磐田→)
2003年 30試合中29試合出場
2004年 30試合中29試合出場
2005年 34試合中30試合出場
2006年 34試合中27試合出場
31歳の年に移籍してきて鹿島で引退しました。
当時2強だった磐田からの移籍は衝撃でした。
引退後は鹿島でコーチ、監督と完全に鹿島色に染まりましたね。
現役時代は横で岩政大樹を、監督時代は昌子源、植田直通と日本代表CBを育ててきました。

2004年入団
新井場徹(ガンバ大阪→)
2004年 30試合中28試合出場
2005年 34試合中28試合出場
2006年 34試合中30試合出場
2007年 34試合中30試合出場
2008年 34試合中30試合出場
2009年 34試合中29試合出場
2010年 34試合中33試合出場
2012年 34試合中31試合出場
ユースからトップチームとガンバ一筋だった選手のためこちらも驚きました。
8シーズンも鹿島の絶対的な左サイドバックでした。
移籍組の中では最多の262試合に出場しています。
最後は鹿島で引退試合まで開かれる選手となりました。

2008年入団
伊野波雅彦(FC東京→)
2009年 34試合中30試合出場
在籍期間は短ったですが守備のポリバレントプレーヤーでした。
2009年の3連覇時はかなり貢献してくれました。
2011年に中田浩二とのレギュラー争いに敗れクロアチアのハイドゥク・スプリトに移籍してしまいます。

2011年入団
西大伍(アルビレックス新潟→)
2011年 34試合中30試合出場
2012年 34試合中30試合出場
2013年 34試合中29試合出場
2015年 34試合中30試合出場
2017年 34試合中30試合出場
右サイドバックらしからぬ攻撃センス塊の選手です。
右足からのクロスは芸術品でした。
在籍期間は怪我以外では基本的にはずっと出場していました。
まだ鹿島でプレーする姿を見たかった選手です。

2014年入団
山本脩斗(ジュビロ磐田→)
2014年 34試合中32試合出場
2015年 34試合中28試合出場
2016年 34試合中31試合出場
2017年 34試合中32試合出場
正直ジュビロではレギュラーでもなくどうして獲ったのか懐疑的な選手でした。
しかし鹿島に来てから4年間不動のレギュラーになります。
そして2017年には32歳でA代表にデビューしています。
フル稼働が祟ったのか、最後の3年は怪我が多くほぼ試合に出場できていませんでした。

2016年入団
永木亮太(湘南ベルマーレ→)
2016年 34試合中29試合出場
2018年 34試合中30試合出場
2019年 34試合中31試合出場
2020年 34試合中31試合出場
元々湘南でキャプテンを務めていただけあり頼りになる選手でした。
困ったときの永木と言えるくらい本職のボランチからサイドバックまでチームの欠けているポジションをこなしてくれます。
強靭な肉体で守備のオールマイティプレーヤーでした。
どのチームでもこのような選手は助かります。

三竿健斗(東京ヴェルディ→)
2019年 34試合中28試合出場
2020年 34試合中30試合出場
2021年 38試合中34試合出場
小笠原満男、柴崎岳がボランチに君臨する中でよく移籍してきました。
相手からしたら本当に嫌な守備をする選手です。
2017,2018年は2年続けてあと少しの26試合出場でした。
今後鹿島のレジェンドになる可能性があります。
今季から背番号6に昇格しており、ますます活躍が期待されます。
CBとしての起用もありそうです。

2018年入団
安西幸輝(東京ヴェルディ→)
2018年 34試合中28試合出場
シーズン前の水戸ホーリーホックとのプレシーズンマッチでブレイクしたシンデレラボーイです。
両サイドバックから両サイドハーフまでハイレベルにこなします。
思い切りのいいオーバーラップが特徴です。
2019年も夏場までレギュラーでしたがポルティモネンセに移籍し2021年の昨夏に復帰しました。
ムードメーカーとしても注目の選手です。

犬飼智也(清水エスパルス→)
2019年 34試合中29試合出場
2020年 34試合中31試合出場
移籍してきた2018年は昌子、植田がいたため完全なバックアップメンバーでした。
しかし2人の退団で鹿島のディフェンスリーダーとなリます。
昨季は果敢な攻撃参加で5得点を挙げました。
ただ怪我や関川郁万の台頭でレギュラーを失いました。

2020年入団
和泉竜司(名古屋グランパス→)
2020年 34試合中27試合出場
移籍初年度からザーゴ監督に気に入られ左サイドハーフのレギュラーに定着します。
そして全27試合に出場していましたが古巣の名古屋戦で左膝内側側副靭帯損傷によりシーズンを終了となります。
怪我がなければ全試合出場の可能性もありました。
復帰後は思うように出場機会を得られていません。

以上の12人が年間を通してレギュラーになった選手です。

36人が移籍してきているので3人に1人が戦力になっています。

少し寂しい数字です。

ただ高桑、伊野波、西、山本、永木、三竿、安西と7人も鹿島に移籍後にA代表にデビューしています。

そして名良橋は鹿島時代に日本代表のレギュラーになり1998年フランスW杯にも出場しています。

年々国内組でA代表に入るのは難しくなってきていますが鹿島移籍にプラスになってほしいです。

また移籍組でレギュラーになったのが和泉以外全員守備の選手です。

鹿島では攻撃の選手はポジションを奪いにくい傾向があります。

その中で今オフにサガン鳥栖から移籍してきた樋口雄太には大きな期待が寄せられています。

2018年の安西と同じようにシーズン前の水戸とのPSMで存在感を出します。

ボランチでも右SHでも高いポテンシャルを発揮しました。

そしてガンバ大阪との開幕戦ではスタメンに抜擢されます。

正直ボランチはディエゴ・ピトゥカと三竿で安泰だと思っていたので驚きでした。

自らが目立つプレースタイルではありませんが攻撃を活性化させ快勝に導いています。

前評判の高い選手ではありましたがここまでやるとは思いませんでした。

今後も当面の間は起用され続けると思うのでがっちりポジションを掴み取ってほしいです。

今季で26歳と最も脂が乗る時期です。

A代表、海外移籍も狙って鹿島で大活躍をしてもらいたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました