日本代表は初戦ドイツ撃破でGS突破確率は100%

日本代表

11月23日にカタールW杯での日本代表の初戦が行われました。

FIFAランク24位の日本代表の相手は同ランク11位のドイツ代表です。

ドイツは現在のランクこそ低いもののW杯で過去4度の優勝を誇り、今大会でも優勝候補の一つです。

大方の予想はドイツの勝利であり、日本は引き分けでも十分とされていました。

しかし結果は2−1で日本が逆転勝利を収めます。

前半は先制されるだけでなく内容も圧倒されます。

それでも日本は粘り強く守り最少失点で切り抜けました。

もし2点目を決められていたら大量失点での敗戦もあったかもしれません。

後半はシステム変更をし、うまく対応すると堂安律、浅野拓磨のゴールが生まれています。

選手交代も的中し番狂わせを起こしました。

W杯という大舞台で日本が初めて強豪国を倒した歴史的な試合となっています。

これまで日本は1998年フランスW杯から今大会まで7大会連続でW杯に出場しています。

過去6大会はグループステージ敗退と突破を繰り返してきました。

そして振り返れば全て初戦の結果によりGSを突破できるかが決まっています。

以下で確認してみます。

1998年フランスW杯 GS敗退(3敗)
●0−1 アルゼンチン

2002年日韓W杯 GS突破(2勝1分)
△2−2 ベルギー

2006年ドイツW杯 GS敗退(1分2敗)
●1−3 オーストラリア

2010年南アフリカW杯 GS突破(2勝1敗)
○1−0 カメルーン

2014年ブラジルW杯 GS敗退(1分2敗)
●1−2 コートジボワール

2018年ロシアW杯 GS突破(1勝1分1敗)
○2−1 コロンビア

このように初戦で勝ち点を取ればGSを突破し、取れなければ敗退というわかりやすい結果になっています。

今大会では初戦は2−1でドイツに勝利しています。

これまで通りならGS突破ということになりますがどうなるでしょうか。

同じグループEのもう1試合はスペインがコスタリカに7−0で大勝しました。

スペインの強さばかりが目立った試合でした。

日本の次の相手はコスタリカです。

コスタリカは得失点差で相当なビハインドを負ったため、残り2連勝しないとGS突破は厳しくなっています。

スペイン相手にはシュート数0と手も足も出ませんでしたが日本戦は気持ちを入れ替えてくるはずです。

実力は互角だと思いますが相手は前に出なければならない分、日本の方がチャンスはあると思います。

ここで日本が勝利しスペインがドイツに勝つと早くもGS突破が決まる大一番となりました。

W杯ベスト8という新しい景色を見るためにはできれば最後のスペイン戦は消化試合にしたいです。

日本にとっては死のグループに入りましたが、その先が見えてきました。

気を引き締めてコスタリカに絶対に勝利をしたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました