大卒選手が海外大量流出中【常本佳吾も要注意】

Jリーグ

20年ほど前は日本人選手がヨーロッパに移籍をするのはA代表のレギュラークラスのみでした。

中田英寿を筆頭に中村俊輔、小野伸二、稲本潤一などスター選手が日本代表で活躍後にステップアップをしています。

それから海外移籍をする選手が増えていきますが、ある程度実績を積んだ20代半ばの選手の移籍が主でした。

しかしまだA代表でそれほど実績のない本田圭佑が2008年に名古屋グランパスからVVVフェンローへ、香川真司が2010年夏にセレッソ大阪からドルトムントに同じ21歳で移籍をしました。

そして2人の活躍により世代別の代表に入るくらいの選手であれば海外移籍をするような時代に突入します。

昨年行われた東京オリンピックのメンバーではオーバーエイジを除く17人中8人もの選手が海外組として参加しています。

次の2024年パリオリンピックには過半数は海外組となるでしょう。

さらにA代表になるには海外組でなければレギュラーを掴むことができないどころかメンバー入りすら難しくなっています。

そのため選手の目標もJリーガーではなく海外移籍になっています。

コロナ禍で行われた2020年10月のカメルーン、コートジボワールとの2連戦ではオール海外組での編成でした。

今ではセルビアやルーマニアなどマイナーな国でプレーしている選手を含めると欧州日本人選手は76人にもなります。

ただほとんどの選手は高卒でプロになりJリーグで数年経験を積んだ後に移籍しています。

ヨーロッパのクラブも若手の日本人選手が低い移籍金で連れてくることができることを知り青田買い状態です。

逆に大卒であると24〜25歳くらいの選手になってしまうためあまり海外移籍をすることはありませんでした。

長友佑都、室屋成(ともに明治大学)は大学4年生で大学サッカー部を退学し1年早くプロ入りしたことで海外移籍をしています。

大学を卒業後にプロになり海外に行っているのは伊東純也(神奈川大学)、シュミット・ダニエル(中央大学)、守田英正(流通経済大学)です。

欧州に76人いる中で大卒選手が3人は非常に少ない割合と言えます。

ただJクラブとしては海外に移籍する心配が少なく長くチームに所属してくれるため編成をしやすくなります。

近年鹿島アントラーズは高卒選手を育てようやく一人前になると海外に取られるという悪循環がありました。

逆に川崎フロンターレは大卒選手をうまく補強し黄金時代を築き上げています。

谷口彰悟(筑波大学) 、車屋紳太郎(筑波大学)、山根視来(桐蔭横浜大学)、脇坂泰斗(阪南大学)、橘田健人(桐蔭横浜大学)、山村和也(流通経済大学 )、小林悠(拓殖大学)、 知念慶(愛知学院大学)と主力にこれほど大卒選手がいるクラブも珍しいです。

うまく時代に乗った編成をしていると思います。

しかしこの風潮が少しずつ変わりつつあります。

昨シーズン2021年の夏のマーケットでは2人の大卒選手が海を渡っています。

古橋亨梧(中央大学)
ヴィッセル神戸→ セルティックFC(スコットランド)

三笘薫(筑波大学)
川崎フロンターレ→ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー)
※イングランド1部ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに完全移籍をしサン=ジロワーズにレンタル移籍中

2人ともJリーグでインパクトを残してはいましたがまさか海外からオファーが来るとは思いませんでした。

さらに今オフでは3人の大卒選手が海外移籍をしています。

渡辺剛(中央大学)
FC東京→KVコルトレイク(ベルギー)

旗手怜央(順天堂大学)
川崎フロンターレ→セルティックFC(スコットランド)

坂元達裕(東洋大学)
セレッソ大阪→KVオーステンデ(ベルギー)

20歳くらいのJリーグでほぼ実績がない選手に比べたら彼らの方が活躍する可能性は高いでしょう。

今後は欧州5大リーグにステップアップする選手も出てきそうです。

海外のスカウトがしっかりJリーグをチェックし20代半ばの実力者が評価される時代になりつつあります。

これは嬉しいことですがJリーグにとってはさらに難しいクラブ運営になります。

今のところ鹿島アントラーズからは大卒選手の欧州海外移籍はありません。

岩政大樹(東京学芸大学)が鹿島を契約満了になりタイのテロ・サーサナFCに行ったくらいです。

上田綺世(法政大学)は大学を卒業しましたが3年時にサッカー部を退部しプロ契約しています。

そのため早くから高いレベルでプレーしており成長しました。

もう1年以内には海外に行くでしょう。

もし大卒選手の海外流出の流れが続くのであれば常本佳吾(明治大学)が目を付けられてもおかしくありません。

対人の強さが魅力でありJ屈指の万能型サイドバックです。

ここから5〜6年は鹿島の右サイドバックは安泰だと思っていましたがどうなるかわかりません。

案外早くに海外からオファーがあるかもしれませんね。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました