鹿島アントラーズは5年連続開幕ダッシュに失敗中

鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズは2016年の天皇杯制覇を最後に5季連続の国内タイトル無冠となっています。

今までは2003年~2006年の4季連続がクラブワーストでしたが更新してしまいました。

来季は必ずタイトルを獲得しこの流れを止めたいところです。

そのためにはスタートダッシュが重要になります。

振り返ればタイトルを獲れなかった2017年以降毎年スタートから躓いています。

特にリーグ戦の結果は重要であり各コンペティションに影響を及ぼしています。

まずは過去5年間のリーグ開幕戦、開幕後5試合の成績とその時点での順位です。

2017年 ●○○○○ 勝ち点12(4勝1敗)2位
クォン・スンテや レオ・シルバなどリーグ連覇へ向けて大型補強をして開幕戦に臨みます。
しかしホームで前年9位のFC東京相手にいいところがありません。
スコアレスドローもチラつき始めた82分に三竿雄斗の不運なオウンゴールで完封負けとなりました。
その後は4連勝と立て直しには成功しています。

2018年 △○●○△ 勝ち点8(2勝2分1敗)7位
前年には最終節でリーグ優勝を逃すという悲しみに暮れました。
そしてその悔しさを晴らすため再出発の試合です。
前年14位の清水エスパルスとのアウェイでの試合もスコアレスドローです。
その後も低調な成績でした。

2019年 ●△○○△ 勝ち点8(2勝2分1敗)7位
前年にJ2を2位で昇格したばかりの大分トリニータをホームに迎えます。
サポーターの誰しもが勝利を疑うことはありませんでした。
しかし藤本憲明の2ゴールでまさかの敗戦です。
シーズン最後までこのショックが抜けませんでした。

2020年 ●●●●○ 勝ち点3(1勝4敗)15位
ザーゴ新監督のリーグ初戦です。
アウェイで相手は前年6位のサンフレッチェ広島でした。
開始3分に新戦力のファン・アラーノ、和泉竜司のシュートが立て続けにポストに当たりゴールは決まりません。
何か嫌な予感がしましたが的中します。
広島はきっちり得点を重ね0-3の完敗です。
その後コロナが拡大し中断になるなど流れを掴めませんでした。

2021年 ●○△●● 勝ち点4(1勝1分3敗)15位
クラブ創立30周年でリーグ優勝は至上命題でした。
相手はホームで前年16位の清水エスパルスが相手です。
ずっと押し気味の展開でしたがなかなかネットを揺らせません。
ようやく75分に新背番13の荒木遼太郎のゴールで均衡を破ります。
完全に勝ちゲームの流れでした。
しかし78分から立て続けの3失点で悪夢の黒星スタートです。
結局ザーゴは2年連続で開幕ダッシュに失敗しました。

このように過去5年間の開幕戦は1分4敗と1度も勝てていません。

また直近は3連敗中です。

しかも対戦相手は中位、下位クラブばかりでこの結果です。

ここ5年間の最終順位は2位、3位、3位、5位、4位と常に上位にはいます。

しかしスタートダッシュの失敗によりリーグ制覇は叶っていません。

序盤戦で早くも優勝争いから脱落しています。

2017年は開幕戦黒星後は盛り返しましたが最後は勝ち点1に泣くことになります。

本当に悔やまれる敗戦でした。

開幕からの5試合で平均勝ち点は7しか取れていません。

ここ2年は川崎フロンターレが大幅に勝ち点を伸ばしてきましたが、例年では1試合平均勝ち点2が優勝の目安になります。

そのため最初の5試合で勝ち点10以上は稼ぎ、上位に位置しながら試合をこなしていきたいです。

やはり鹿島にとって最初の5試合が優勝できるかの鍵になってくるでしょう。

来季は鹿島史上初の欧州スイス人のレネヴァイラーを監督として迎え入れます。

最初はうまくいかないことも少なくないでしょう。

そのためどうにか結果が欲しいです。

結果が出ればチームの雰囲気も良くなり内容も良くなるはずです。

まずはキャンプで監督のやりたいサッカーを選手がしっかり理解してもらいたいです。

そして来年こそスタートダッシュをかけましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました