絶対に勝ちたい理由がそこにはあるヴィッセル神戸戦【今季2度目の4連勝を目指して】

鹿島アントラーズ

8月21日は第25節ヴィッセル神戸戦がノエビアスタジアム神戸で行われます。

夏の中断明け後、公式戦8連戦の4試合目になります。

最近は多少暑さが和らいできた感じはありますがそれでも夏場の連戦は大変です。

天皇杯ラウンド16のV・ファーレン長崎戦も大雨であり体力を消耗したはずです。

アウェイが続きますがぜひいいパフォーマンスを見せてもらいたいと思います。

さて鹿島アントラーズはリーグ戦では延期になっていた第2節ガンバ大阪戦から3連勝中です。

正直そこまで内容が良いとは言えませんが結果は出ています。

そして順位も3位まで上がってきました。

ここから団子状態を抜け出すためにもできる限り連勝劇を続けていきたいです。

今節対戦するヴィッセル神戸は鹿島と同じ勝ち点41で暫定5位につけています。

ただ試合数が1試合少ないため確実に勝ちたい試合です。

特に神戸はエースだった古橋亨梧がスコットランドのセルティックに移籍し得点が取れなくなっています。

第23節では下位の柏レイソル、天皇杯ラウンド16では名古屋グランパスに競り負け2連敗中です。

チーム状況が対照的な2クラブの対戦でありどうなるでしょうか。

ここまで神戸とはリーグ戦通算成績ですが45試合行っており、26勝9分10敗です。

勝率は約58%であり高い勝率を誇っています。

45試合で得点は85、失点は44です。

1試合1失点以下と守備陣の相性がいいためそれほど大崩れしないでしょう。

ぜひ完封したいです。

ここ5年間の対戦成績です。

2016年
6月18日1st第16節 ○2-1
11月3日2nd第17節 ●0-1

2017年
5月14日第11節 ●1-2
8月9日第21節 ○2-1

2018年
4月25日第10節 △1-1
9月29日第28節 ○5-0

2019年
5月12日第11節 ○1-0
11月30日第33節 ●1-3

2020年
8月16日第10節 △2-2
10月21日第33節 ○3-1

2021年
4月24日第11節 △1-1

ここ11試合では5勝3分3敗となっています。

その内訳はホームで3分3敗、アウェイで5勝と両極端な成績です。

今年の前半戦のホームでの試合も上田綺世のゴールでどうにか追いつきました。

ホームでは8年連続未勝利という不名誉な記録が続いています。

対するアウェイでは2015年から6連勝中と相性抜群です。

今節もこの波に乗って7連勝といきたいところです。

そして最後に鹿島サポーターとして触れておきたいことがあります。

それは大迫勇也がブレーメンよりヴィッセル神戸に完全移籍したことです。

大迫がJリーグに復帰する際は戻ってくると信じていたため未だに信じられません。

また神戸は金に物を言わせて武藤嘉紀もボージャンも獲得してきました。

こんなクラブには絶対に負けたくありません。

武藤が8月19日に練習に合流したようですが大迫、ボージャンは合流すらしておらず3人とも鹿島戦には出場しない見通しです。

どうせなら新加入の3トップがいる神戸に勝ちたかったですがそれは来年のお楽しみです。

その思いは胸に秘めしっかり勝って勝ち点差を広げたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました