鹿島での2トップの二桁得点は7年ぶりの記録【上田とエヴェラウド】

鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズは第32節清水エスパルス戦を2-0で勝利しました。

きっちり大事な勝ち点3を積み上げられたことには満足しています。

同日試合のあった3位名古屋、4位セレッソはともに引き分けでした。

そして今季の鹿島の最終順位は3~5位が確定しました。

ただセレッソは12月16日(水)に第33節サガン鳥栖戦があります。

その試合でセレッソが勝ってしまうと鹿島の3位は無くなってしまいます。

さらに最終節で名古屋を抜くには名古屋が負けて鹿島が勝つというほぼ一択です。

ほぼと言うのは名古屋が引き分けて鹿島が勝つと勝ち点は並びますが得失点差が5離れているので現実的ではありません。

前節はもう2,3点取るチャンスがあっただけに少し残念です。

またACL準決勝でヴィッセル神戸が敗退したため4位でも来年のACL出場に望みを繋ぐことができました。

次が今年最後の試合です。

順位は他会場の結果次第になりますがまずは勝つことが絶対条件です。

自分たちのベストを尽くして結果を待ちましょう。

そしてこの清水戦で上田綺世が2ゴールをあげ今シーズン10得点としました。

すでにエヴェラウドが17得点で達成しており2人目の達成です。(12月13日現在)

前半戦は怪我で出遅れ、中盤戦は途中出場が多かったです。

やっとここ6試合先発出場するようになり二桁得点を達成しました。

90分平均得点は小林悠(0.955)、オルンガ(0.912)次いで3位の0.845ですから素晴らしいですね。

ちなみにエヴェラウドは90分平均得点は0.598ですからだいぶ上田の方が上になっています。

やはりFWにとってリーグ戦二桁得点は一つの目安になります。

本人にとっても自信になったのではないでしょうか。

これまで鹿島では誰が達成してきたのか確認していきます。

4度達成

長谷川祥之
1994年 21点
1995年 16点
1996年 12点
1998年 14点

黒崎比差支
1993年 11点
1994年 10点
1995年 11点
1997年 10点

マルキーニョス
2007年 14点
2008年 21点
2009年 13点
2010年 11点

2度達成

アルシンド
1993年 22点
1994年 28点

マジーニョ
1996年 11点
1997年 22点

柳沢敦
1998年 22点
2001年 12点

アレックス・ミネイロ
2005年 15点
2006年 10点

興梠慎三
2009年 12点
2012年 11点

ダヴィ
2013年 10点
2014年 10点

金崎夢生
2016年 10点
2017年 12点

1度達成

平瀬智行
2000年 11点

田代有三
2011年 12点

大迫勇也
2013年 19点

鈴木優磨
2018年 11点

セルジーニョ
2019年 12点

FW登録の選手で二桁得点を達成できているのは以上15人でした。

そして日本人は全員日本代表になっています。(鈴木優磨のみ選出後怪我で辞退のため出場なし)

Jリーグ草創期はアルシンド、長谷川、黒崎と3人も強力なFWがいたため誰かが二桁得点をしていました。

またFW登録の選手で複数人二桁得点が出たのは1993年のアルシンド、黒崎の2人、1994年のアルシンド、長谷川、黒崎の3人、1995年の長谷川、黒崎の2人、1997年のマジーニョ、黒崎の2人、1998年の柳沢、長谷川の2人、2009年のマルキーニョス、興梠の2人、2013年の大迫、ダヴィの2人の7回でした。(2014年はMF登録の遠藤康とダヴィの2人)

それなので今年は8回目になります。

実に7年ぶりの記録でした。

近年は得点力のあるFWを2人揃うことができず攻撃のバリエーションが減ってしました。

上田がレギュラーに定着した11月3日の第31節横浜F・マリノス戦でエヴェラウドと上田の2トップを採用してから明らかに攻撃は良くなりました。

やはり相手ディフェンダーからするとマークしなければならない選手が2人いるためやりづらいでしょう。

このコンビでの2トップ採用後の6試合でエヴェラウドは4得点、上田は6得点と量産できています。

またチームもこの間14得点とかなり相乗効果が出ています。

これでチーム総得点は54になり、18クラブ中4位の成績となっています。

ただ失点数は43で全体9位と結果が出ていません。

来年は失点数の減少が優勝を狙う上で必須条件になりそうです。

2人にはこの調子で来年以降も二桁得点を長く続けてほしいです。

そして染野を含めた3人で史上最強のFW陣を形成してもらいたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました