いよいよホーム最終節【サガン鳥栖戦】

鹿島アントラーズ

11月27日は第37節サガン鳥栖戦がカシマサッカースタジアムで行われます。

早いものでこの試合が今年のホーム最終戦になります。

振り返れば今年は優勝候補の一角とされシーズンを迎えました。

サッカー関係者の中でも鹿島の優勝を予想する方も多く期待値は上がっていました。

それが開幕戦のホームゲームで清水エスパルスに1-3の衝撃的な逆転負けを喫します。

開幕戦に勝利しいいスタートを切れたからと言って川崎フロンターレと互角な優勝争いができたかはわかりません。

ただあの敗戦により受けた精神的なダメージが大きくここまで来た感じはします。

もう終わったことは仕方ありません。

来年にリーグ優勝を達成するためホームで有終の美を飾ってもらいたいです。

対するはサガン鳥栖です。

今年はリーグ開幕6試合無敗とスタートダッシュに成功しました。

その後も夏場までは上位に食らい付いており今年の台風の目になるかと思われました。

それが8月以降金明輝監督のパワハラ問題が連日のように報じられます。

パリオリンピック世代のボランチである松岡大起も清水エスパルスに移籍をしました。

するとチームは一気に下降線を辿り現在7位です。

第35節で川崎フロンターレを3-1で下す金星を挙げましたが厳しいチーム状況です。

サガン鳥栖はJ1に昇格したのが2012年と比較的遅いクラブではあります。

しかしその後は1度もJ2降格がなくJ1に定着しています。

9年間で二桁順位が6回と降格争いも幾度となく経験していますが土壇場で力を発揮し踏みとどまってきました。

これまでリーグ戦では19回対戦があり通算成績は9勝3分7敗です。

勝率は47.3%であり相性は悪いです。

19試合で得点は22、失点は14となっています。

両チームともに得点が少ないですが近年はどうでしょうか。

ここ6年間の対戦成績です。

2016年
3月5日1st第2節 ○1-0
7月30日2nd第6節 ●0-1

2017年
4月30日第9節 ○2-1
9月30日第28節 ●0-1

2018年
3月18日第4節 ○1-0
12月1日第34節 △0-0

2019年
5月26日第13節 ●0-1
7月20日第20節 ○2-1

2020年
8月8日第9節 ○2-0
10月14日第22節 ○2-0

2021年
5月22日第15節 ●1-2

ここ11試合では6勝1分4敗です。

勝ち越してはいますがそれほどいい成績でもありません。

データ通りロースコアな試合が続いています。

前半戦では松村優太の思い切りのよいシュートで先制するも逆転負けとなりました。

鳥栖に2連敗をするわけにはいきません。

また鳥栖にはシーズン途中に完全移籍をした小泉慶とレンタル移籍をした白崎凌兵の2人がいます。

白崎はレンタル移籍なので契約上出場はしませんが小泉は出場してくるでしょう。

久々に小泉のプレーが見られるのは楽しみですが勝負は別物です。

豊富な運動量で中盤の底に君臨するのでどうにかうまく剥がしたいです。

今節はホーム最終戦なので試合後にセレモニーがあります。

最後は勝って笑顔でセレモニーを見届けたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました