2021年最後の公式戦【ベガルタ仙台戦】

鹿島アントラーズ

12月4日は第38節ベガルタ仙台戦がユアテックスタジアム仙台で行われます。

2月から始まったリーグ戦もいよいよ最終節となりました。

今年は20クラブの異例の年でしたので38試合ありましたがあっという間でした。

また残念ながら天皇杯に敗退していますので全公式戦の最後の試合でもあります。

今季はリーグ戦38試合、カップ戦10試合、天皇杯4試合の52試合でした。

色々な想い出がありましたがまた振り返ろうと思います。

鹿島は終盤にきて直近5試合のリーグ戦を4勝1分と負けなしです。

特にGKがクォン スンテに代わったことで安定感が出ています。

そして町田浩樹、関川郁万の若いCBコンビも徐々に風格が出てきました。

この流れを来季に繋げていきたいです。

今年最後の対戦相手はベガルタ仙台です。

現在19位でJ2降格が決定しています。

仙台はここで負けると最下位の可能性がありますので最後に意地を見せてくるでしょう。

ただどこまでモチベーションを保てているのかわかりません。

過去のリーグ戦対戦成績ですがこれまで27試合行っており、17勝3分7敗です。

10個の勝ち越しをしています。

得点は45、失点は24ですので得失点差も稼いでいます。

勝率は63.0%であり、現在J1に所属している中ではトップクラスの相性の良さです。

そして引き分けが少ないのが特徴です。

ここ6年間の対戦成績です。

2016年
3月12日1st第3節 ●0-1
8月6日2nd第7節 ●0-1

2017年
4月16日第7節 ○4-1
8月5日第20節 ○2-0

2018年
5月20日第15節 ●1-2
11月24日第33節 ○3-0

2019年
4月20日第8節 ○1-0
7月13日第19節 ○4-0

2020年
9月9日第15節 ○2-1
11月21日第28節 ○3-1

2021年
6月20日第18節 △1-1

ここ11試合では7勝1分3敗と高い勝率を誇っています。

2016年こそダブルを食らいましたがそれ以降は1度しか負けていません。

そして直近6試合は5勝1分と負けなしです。

また鹿島はユアテックスタジアム仙台を得意としており公式戦を17試合戦い12勝5敗となっています。

勝率は70.6%とかなり高いものになっています。

アウェイで10試合以上行っているスタジアムでは神戸総合運動公園ユニバー記念競技場(9勝1分2敗、勝率75%)に次ぐ第2位です。

ここで勝てばリーグ4位が確定する試合です。

4位では誰も満足はしませんが来季のACL出場へ可能性が残ります。

前節のホーム最終戦サガン鳥栖との試合後のセレモニーでキャプテンの三竿健斗が残り1試合、絶対勝ちますと力強い発言をしていました。

その言葉を信じています。

悔しい1年でしたが勝って有終の美を飾りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました