勝ちしかないお盆の徳島ヴォルティス戦

鹿島アントラーズ

8月15日は第24節徳島ヴォルティス戦が県立カシマサッカースタジアムで行われます。

前節の湘南ベルマーレ戦から中5日での試合になります。

鹿島アントラーズは前々節のガンバ大阪戦から2連勝中です。

リーグ戦では勝っては負けてを繰り返していただけにようやく連勝できました。

しかし内容的には決して褒められるものではありません。

ここずっと停滞ムードが漂っており打破するには至っていません。

さらに杉岡大暉の湘南ベルマーレへのレンタル移籍、小泉慶のサガン鳥栖への完全移籍、白崎凌兵のサガン鳥栖へのレンタル移籍と3人の選手の放出がありました。

そのためサポーターの心も沈んでいます。

この試合では快勝し後半戦へ向けていい流れを作っていきたいです。

対する徳島ヴォルティスは2014年以来2度目のJ1リーグを戦っています。

序盤こそ中位にしがみついていましたがここにきて負けが込み出しています。

1点差の試合が多いのですがことごとく競り合いに負けている印象です。

そのためJ2降格圏一歩手前の16位まで落ちてきました。

徳島から見ればアウェイの上位との対戦なので守って引き分けでも十分という戦い方をしてくるはずです。

ここ最近引かれた相手に苦戦続きであり自分たちのサッカーができていません。

時間が経つにつれどんどん難しくなるので早めに得点をしペースを握りながら試合を進めたいところです。

さて徳島との対戦成績ですが徳島が2014年の1年しかJ1にいたことがありません。

さらにリーグ戦以外の公式戦で対戦したこともないため2014年の2試合と今年の前半戦の1試合しか対戦がありません。

その3試合の結果です。

2014年
5月17日第14節 ○1-0
9月27日第26節 ○5-0

2021年
4月17日第10節 ○1-0

ここまで3戦3勝の勝率100%です。

そして失点も0と相性は抜群です。

現在のチーム状況からも負けはおろか引き分けすら許されない試合になります。

鹿島はここずっとアウェイの試合が続いていました。

そのためホームゲームは6月27日の第20節コンサドーレ札幌戦以来の約1ヵ月半ぶりになります。

その試合は4−0とゴールラッシュでした。

次のリーグ戦も9月11日の第28節アビスパ福岡戦と1ヵ月後になってしまいます。

なおさら札幌戦のようなホームのサポーターが喜ぶような試合が見たいです。

最後に茨城県独自の緊急事態宣言が8月6日から8月19日で発令されました。

そのため今節はスタジアム収容人数が上限5,000人になっています。

コロナの感染状況の悪化が続いており今後どうなるかわかりません。

また無観客試合になる可能性もあります。

スタジアムに行かれる方は細心の注意を払って観戦ください。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました