これが東京オリンピック代表の18人

日本代表

6月5日にU-24日本代表がU-24ガーナ代表に6−0で勝利しました。

6月3日のA代表との試合では当落選上の選手を起用し、今回はオーバーエイジとの融合を図るようなメンバーの起用法でした。

結果、内容ともに文句の付けようのない試合でした。

東京オリンピックの初戦は南アフリカになります。

そのため同じアフリカのチームとのマッチメイクでした。

ガーナも2019年に東京オリンピックのアフリカ予選を兼ねたU-23アフリカネーションズカップに出場し、3位決定戦で南アフリカにPKで敗戦しました。

今回はあと一歩のところでオリンピック出場を逃したチームです。

南アフリカとほぼ同じような実力のチームに親善試合とは言え圧倒できたことは自信になるでしょう。

ぜひオリンピック本番でも良い成績を残して欲しいですね。

そして今最も注目されているのがオリンピックのメンバーです。

ワールドカップでは23人登録できるのに対しオリンピックは18人しか登録できません。

しかもオリンピックには年齢制限があり基本的には1度しか出場できない大会です。

そのためガーナ戦でも選手達の必死さが伝わってきました。

さらに今回はオーバーエイジで3人が確定しているため24歳以下の選手は15人しか選ばれません。

おそらく残りの期間を考えても今回招集されている27人の中から絞り込まれるでしょう。

そこでこのメンバーから本戦に選ばれるであろう18人を予想します。

これは私の希望を排除しオーバーエイジやポジションのバランスを考慮し決定しました。

まずはGK2人です。

大迫敬介
谷晃生

今回4人呼ばれています。

これまでの実績からも1人は大迫で間違いないでしょう。

残りは1人です。

鈴木彩艶は全く起用されていないため今回は厳しいかもしれません。

谷と沖悠哉は似たり寄ったりで何とも言えません。

ただこれまでの招集歴や、ベストメンバーで臨んだガーナ選で谷が起用されたことからも序列は上のようです。

次にDFです。

こちらは5人にしました。

吉田麻也
酒井宏樹
旗手怜央
古賀太陽
冨安健洋

現在の登録上ではこの5人になりそうです。

4バックのため5人では少なく感じるかもしれません。

オーバーエイジの吉田、酒井、そしてA代表でもレギュラーの冨安の3人は当確です。

右サイドバックの酒井のバックアップがいないことが懸念されますが最悪冨安を右で使うこともできます。

問題は左サイドバックです。

おそらく旗手の起用になるではないかと思います。

また旗手は中盤でも起用できるためメンバー入りはしそうです。

ただ1人では心許ないので古賀を何かあった時のために入れておきたいです。

そしてMF(ボランチ)は4人です。

遠藤航
板倉滉
中山雄太
田中碧

まずオーバーエイジの遠藤がボランチの軸です。

そして田中碧とのコンビになるでしょう。

板倉、中山はボランチとCBのバックアップとして入れておきます。

また中山は左サイドバックとして計算されるかもしれません。

DF登録の選手が少ない分をボランチから補充する形で多めにしました。

そしてMF(攻撃)は4人です。

相馬勇紀
三笘薫
堂安律
久保建英

堂安と久保は当確でしょう。

問題は左サイドハーフです。

三笘は国際試合ではJリーグほどの活躍はできていません。

しかしもう少しチームにフィットしてくればあのドリブルは通用します。

また相馬をスタメンにするのもありそうです。

相馬は三笘と違い縦への突破が魅力的です。

右サイドハーフでも計算できますのでメンバー入りはしてくるでしょう。

最後にFWです。

前田大然
林大地
上田綺世

絶対的なエースがいないポジションです。

スピードの前田、ゴール前で決定力のある林、総合的な上田とタイプが違う3人を入れてくるのではないかと思います。

ガーナ戦では上田が起用されたためメンバー入りはしそうです。

しかし前田も林も面白い存在なので対戦相手によってスタメンを変えるためにも3人登録したいところです。

この上記18人であろうと予想します。

素人の私でも森保監督ならこのメンバーを選びそうかなと試行錯誤しました。

監督は最後まで頭を悩ますでしょう。

正確な日にちは公表されていませんがメンバー発表は6月下旬とのことです。

いよいよ次の試合でオリンピックメンバー発表前最後の試合になります。

6月12日にジャマイカとの対戦です。

これもまた初戦の南アフリカを想定した対戦相手となっています。

グループステージの残り2試合がメキシコ、フランス相手ということを考えると初戦は絶対に勝たなくてはいけません。

何としてもいい結果でオリンピック初戦の南アフリカ戦を終えたいです。

そのための最後のシミュレーションがジャマイカ戦です。

最後に逆転で滑り込むような活躍をする選手が出てくるのか楽しみです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました