ルヴァン杯ニューヒーロー賞のA代表選出率【鹿島からは3人が受賞】

Jリーグ

よくルヴァン杯(旧ナビスコ杯)は若手の登竜門の大会と言われます。

そのため大会で最も活躍した若手に贈られるニューヒーロー賞はいつも注目されます。

ニューヒーロー賞は1996年に創設され準決勝までの試合で最も活躍した21歳以下の選手に贈られるものです。

現在の条件は大会開幕日に満年齢21歳以下(2017年までは満年齢23歳以下)で、過去の同賞を獲得したことのない選手です。

今年も各クラブ多くの若手が活躍し大会を盛り上げています。

鹿島アントラーズからはこの年代で常時出場しているのは荒木遼太郎です。

準々決勝で敗退してしまったため今大会での活躍が見れなくなり非常に残念であります。

ニューヒーロー賞のプレーオフステージ終了時投票途中集計結果で荒木が入っていなかったことは不思議でなりません。

まだ来年も受賞資格はあるので松村優太、染野唯月とともに目指してもらいたいです。

まずは過去の受賞者でルヴァン杯の新人王に当たるニューヒーロー賞を受賞した選手がどのくらいA代表で出場しているかを調べてみました。(9月6日現在)

1996年
名波浩(ジュビロ磐田) 67試合9得点
斉藤俊秀(清水エスパルス) 17試合0得点

1997年
三浦淳宏(横浜フリューゲルス) 25試合1得点

1998年
高原直泰(ジュビロ磐田) 57試合23得点

1999年
佐藤由紀彦(FC東京)

2000年
鈴木隆行(鹿島アントラーズ) 55試合11得点

2001年
曽ヶ端準(鹿島アントラーズ) 4試合0得点

2002年
坪井慶介(浦和レッズ) 40試合0得点

2003年
田中達也(浦和レッズ) 16試合3得点

2004年
長谷部誠(浦和レッズ) 114試合2得点

2005年
阿部勇樹(ジェフユナイテッド千葉) 53試合3得点

2006年
谷口博之(川崎フロンターレ)

2007年
安田理大(ガンバ大阪) 7試合1得点

2008年
金崎夢生(大分トリニータ) 11試合2得点

2009年
米本拓司(FC東京) 1試合0得点

2010年
高萩洋次郎(サンフレッチェ広島) 3試合0得点

2011年
原口元気(浦和レッズ) 62試合11得点

2012年
石毛秀樹(清水エスパルス)

2013年
齋藤学(横浜F・マリノス) 6試合1得点

2014年
宇佐美貴史(ガンバ大阪) 27試合3得点

2015年
赤﨑秀平(鹿島アントラーズ)
 

2016年
井手口陽介(ガンバ大阪) 15試合2得点

2017年
西村拓真(ベガルタ仙台)

2018年
遠藤渓太(横浜F・マリノス) 2試合0得点

2019年
中村敬斗(ガンバ大阪)

2020年
瀬古歩夢(セレッソ大阪)

1996年だけ2人選手されていますので全部で26人選出されています。

そのうち、A代表になったのは19人です。

確率で言うと約73%なのでかなり高いと言えるでしょう。

ここ数年の選手はまだ若いので今後代表に絡む可能性はあります。

近年はA代表に呼ばれるのも海外組でないと難しくなっています。

そのため国内組のJリーガーで呼ばれることはほとんどありません。

2021年9月のW杯アジア最終予選にも25人が招集されていますが7人しか国内組はいませんでした。

権田修一、酒井宏樹、大迫勇也は最近まで海外でプレーしておりずっとJリーグの選手だと今後はますます呼ばれなくなることが考えられます。

そのためか海外志向は増すばかりで2016年以降の4人は海外移籍をしています。(井手口、西村は現在古巣に復帰)

瀬古も東京オリンピックを経験しており近いうちに海外移籍するでしょう。

過去1996年の名波と2020年の瀬古の2人以外の24人はベスト4以上のクラブから選ばれています。

今年はすでにベスト4が決定しておりそのクラブの中で途中結果に入っているのは鈴木彩艶(浦和レッズ)と中村拓海、バングーナガンデ佳史扶(ともにFC東京)の3人です。

この中から今年のニューヒーロー賞が出そうな気がします。

3人とも次のパリオリンピック世代でありどれほどの活躍をするか注目したいと思います。

鹿島アントラーズからは優勝した2015年の赤﨑秀平以来受賞者がいません。

来年こそは鹿島の選手が躍動しニューヒーロー賞を受賞するよう見届けられたら最高です。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました