本山雅志、柴崎岳、金崎夢生、安部裕葵【栄光の背番号10】

鹿島アントラーズ

6月27日第20節コンサドーレ札幌戦では「SQUAD NUMBERS〜背番号の記憶〜」の背番号10の日本人レジェンド編が上映されます。

背番号10に関しては2回に分けられ映像が作られています。

前回のホームゲームではブラジル人編が放映され、今節は日本人編の放映になります。

前編にありましたが鹿島アントラーズではJリーグ開幕以後、背番号変動制の時代も基本的にはブラジル人が10番を付けてきました。

まずは背番号変動制の1993年~1996年に10番を背負った選手を出場試合が多い順に並べました。

レオナルド 49試合
ジーコ 23試合
石井正忠 23試合
ロドリゴ 14試合
カルロス 10試合
吉田康弘 7試合
へジス 6試合
増田忠俊 6試合
マジ―ニョ 4試合
エジーニョ 3試合
眞中靖夫 3試合
阿部敏之 3試合
古賀聡 3試合
橋本研一 3試合
熊谷浩二 2試合
秋田豊 1試合
栗田泰次郎 1試合
鬼木達 1試合

4年間でリーグ戦は162試合行われています。

この期間では総勢18人が10番を付けました。

鹿島アントラーズで監督になった石井正忠や現川崎フロンターレの鬼木達もいます。

またセンターバックの秋田豊も10番で1試合出場がありますがこの時代ならではの珍しい光景でした。

そして1997年からの背番号固定制以降では2001年までビスマルクが10番を背負っていました。

その後ビスマルクが退団し2002年から2015年まで14年間も本山雅志が背負い続けました。

しかしその本山が退団すると10番が定着しなくなります。

柴崎岳、金崎夢生、安部裕葵と3人全員が1年以内で移籍していなくなりました。

以下10番としてのリーグ戦出場成績です。

本山雅志(2002年~2015年)
307試合29得点
Jリーグ優勝(2007年、2008年、2009年)
ナビスコカップ優勝(2002年、2011年、2012年、2015年)
天皇杯優勝(2007年、2010年)

鹿島の10番として最も多くの試合に出場し最も多くタイトル獲得に貢献しています。

10番を付け出した当初はまだスーパーサブでしたが短い時間でも結果を出し続けレギュラーを獲得します。

2007年にはリーグ全34試合出場を達成しています。

そしてこの年リーグ優勝を決めた際のインタビューでの「やっと自分の背番号に星が追いついた。」は史上最高の名言でした。

晩年は水腎症や怪我も重なり出番は減りましたが腐らず若手の見本になり続けました。

柴崎岳(2016年)
31試合4得点
Jリーグ優勝(2016年)
天皇杯優勝(2016年)

本山の退団により10番を背負うことになりました。

リーグ戦では年間勝ち点3位からチャンピオンシップで勝利しJリーグチャンピオンになります。

その後クラブワールドカップ決勝でレアル・マドリードからの2ゴールは世界中を驚愕させました。

さらにその勢いのまま天皇杯も制覇します。

2016年の年末の1ヵ月ほど濃密な期間はありませんでした。

そしてスペイン2部リーグのCDテネリフェへと飛び立っていきました。

金崎夢生(2018年前半)
15試合7得点
タイトルなし

2015年にポルトガル2部のポルティモネンセから加入します。

当初は背番号33でレンタル移籍でしたが活躍が認められ完全移籍になります。

柴崎の移籍後1年間10番がおらず金崎が背負うことになりました。

これまで鹿島の10番はFWではなく中盤の選手でしたので違和感のある10番でした。

リーグ、ACLと優勝を狙う位置に付けているクラブのエースが突然サガン鳥栖に移籍するという不可解な選手でした。

安部裕葵(2019年前半)
14試合1得点
タイトルなし

金崎のいなくなった翌年に高卒3年目で白羽の矢が立ちます。

1997年以降で鹿島史上最年少10番になりました。

本山が10番になった頃と似ており絶対的なレギュラーというよりスーパーサブで出てきてドリブルで掻き回すタイプでした。

東京オリンピック世代でありこれからという時期にFCバルセロナBからオファーが来て移籍してしまいます。

2年連続で10番が半年でいなくなりました。

柴崎はJリーグ、天皇杯の2冠をチームにもたらし夢であった海外移籍を果たしたのでいいですが、残りの2人はもう少し在籍してほしかったです。

最近の苦い経験からか今シーズンを含めると2年半10番が不在です。

プロのサッカーの世界では珍しいことだと思います。

これまで鹿島の10番は伝統のある背番号なので誰でも付けられる番号ではありません。

来年は日本人なのかブラジル人なのかわかりませんが相応しい選手が在籍しその選手が付けてくれることを願っています。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました