中村亮太朗、最激戦区のボランチで存在感を

鹿島アントラーズ

9月27日は中村亮太朗の誕生日です。

1997年生まれなので今年で25歳になります。

サッカー選手として今が旬の時期になっています。

今季J2のヴァンフォーレ甲府から鹿島アントラーズに移籍をしてきました。

初のJ1のプレーであり、まだ自分の良さを出しているとは言い難いです。

出場機会も限定的であり自身の思い描いていたサッカー人生にはなっていないと思います。

今季の残り試合では来季に繋がるプレーをしアピールをしてもらいたいです。

ここで少し中村の紹介です。

新潟県新潟市で生まれ小学生からサッカーを始めます。

サッカーを始めた時からボランチ一筋でプレーしてきました。

中学ではアマチュアサッカークラブのグランセナ新潟FCのジュニアユースに所属しています。

その後新潟明訓高校に進学しました。

新潟明訓高校はこれまで6回高校選手権に出場しています。

ただ最後に出場したのが2015年の第94年大会で16年ぶりの出場でした。

その時の3年生が背番号10の中村です。

2回戦で東福岡に1−3で敗れ大会から姿を消しますがこの試合でチーム唯一の得点を決めています。

高校1年生で右膝前十字じん帯、高校3年生で左膝前十字じん帯を負傷と2度の怪我を乗り越えて中心選手となりました。

しかしJリーグからオファーはなく卒業後に中央大学に進学をします。

中央大学は関東2部リーグでしたが1年生の時は怪我もあり試合にはなかなか出場できません。

2年次から試合に出始め、3年次には2ゴール5アシストを記録しベストイレブンに選出されました。

その活躍もありヴァンフォーレ甲府からオファーがあり4年次の5月14日に早くも内定が発表されています。

かなり早い段階での内定であり甲府からの期待の高さが窺えます。

そして期待通りルーキーイヤーから即戦力として甲府の中盤を支えました。

1年目はリーグ戦26試合3得点、2年目の昨季が33試合4得点と成績を伸ばしています。

甲府はJ2で2020年が4位、2021年が3位とあと一歩のところでJ1昇格を逃します。

しかし中村は鹿島アントラーズに個人昇格しました。

身長179cm、体重70kgとサイズもある大型ボランチです。

プレースタイルは両足での正確なキックと高いテクニックで攻撃を操るゲームメーカータイプと言えます。

同じ中央大学OBの中村憲剛のイメージです。

時にはパンチ力のあるミドルシュートもありそこも似ています。

また涼しい顔をして激しく当たりにいくアグレッシブなプレーもあります。

鹿島らしさがある選手でしょう。

現在の鹿島のポジション編成は非常に不均等です。

サイドバックやセンターバック、フォワードは明らかに駒が足りていません。

それに比べ中盤は人材が豊富です。

特にボランチは現在のチームで最激戦区のポジションになっています。

ディエゴ・ピトゥカ、樋口雄太とJリーグ屈指のWボランチがレギュラーです。

さらに名古新太郎、舩橋佑、小川優介と将来性豊かな若手がいます。

今はCBをやることが多い三竿健斗もいます。

それに加えて中村です。

レネ・ヴァイラー監督時代にはベンチ外になることも少なくありませんでした。

現在の岩政監督の評価は高そうで途中出場が多いですがプレーの機会は得られています。

ここからがチャンスを掴めるか大事な時期です。

テクニシャンであり、サイズのあるボランチはきっと重宝するはずです。

タイトル獲得には欠かせない選手になると信じています。

ライバルは多いですが存在感を出してポジションを掴んでもらいたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました