ルヴァン杯第4節サガン鳥栖戦を振り返って

鹿島アントラーズ

2021年4月28日はルヴァンカップ第4節サガン鳥栖戦が駅前不動産スタジアムで行われました。

結果は2-2の引き分けです。

勝っていればグループステージ突破が決まる試合でした。

後半途中までは勝ちゲームだったので正直残念な結果です。

また札幌が勝利でも突破が決まりましたがアディショナルタイムに福岡に追いつかれアシストしてもらえませんでした。

次節自力で決めましょう。

鳥栖はリーグ戦では好調ですがルヴァン杯はここまで3連敗でした。

前節もそうでしたがリーグ戦とカップ戦を全く違うメンバーで戦っています。

もうルヴァンを捨ててリーグ戦に専念している状況です。

どうにかグループリーグ突破の可能性は残っていますが3連勝して他会場の結果待ちとかなり追い込まれています。

そのため今節はどのようなメンバーで来るか注目でしたが、鳥栖はリーグ戦に出場していない選手や新外国人選手をずらりと並べてきました。

それに対して鹿島のスターティングメンバーは以下の11人でした。

GK1 クォン スンテ
DF22 広瀬陸斗
DF23 林尚輝
DF33 関川郁万
DF5 杉岡大暉
MF6 永木亮太
MF37 小泉慶
MF34 舩橋佑
MF27 松村優太
FW8 土居聖真
FW19 染野唯月

リーグ戦でベンチ入りしている選手を多く出場させてきました。

前線の組み合わせは左に松村、中央に小泉、右に土居と今までに見たことがない配置でスタートです。

小泉のトップ下にはかなり驚きましたが起用にやっていましたね。

また相馬監督は松村を左で使いがちですが右の方が良さが活きると思います。

そして試合ですがゴール前でワンタッチでシンプルに繋ぎチャンスを作ろうとします。

雨の影響もあったのかなかなか繋がらずもどかしいスタートでした。

そして最初のチャンスは鳥栖に作られます。

12分に左サイドの大畑歩夢からのクロスに相良竜之介がヘディングシュートをします。

完全にフリーでしたが当たりが弱くさらにスンテの正面で助かりました。

ただDFラインの隙を突かれたため修正が必要だと思ってたら次のプレーでやられます。

14分にゴール前で浮き球をドゥンガに胸トラップで落とされます。

それをオフォエドゥが右足で上手く関川を交わしコースを狙ったシュートでネットを揺らされてしまいます。

これはスンテにはノーチャンスのシュートでした。

ルヴァン杯は4試合目で初めて先制点を決められます。

鳥栖の左サイドからの攻撃は気をつけるべきでしたね。

しかしここからずっと鹿島が主導権を握ります。

18分に染野が左サイドからカットインし強烈なミドルを打ちますがGK守田達弥の正面でゴールはなりません。

そして飲水タイム明けに攻勢に出ます。

27分にCKから広瀬のシュートが中野嘉大の手に当たりいい位置でのFKを得ます。

これを永木がいい位置に飛ばしますがGKに弾かれ土居の連続シュートもDFにブロックされます。

しかしこのプレーでまたしてもCKになります。

このCKを永木がニアへの鋭いボールを蹴り込み杉岡のヘッドで追いつきます。

移籍後初ゴールがいい時間帯に飛び出しました。

元湘南ベルマーレコンビの嬉しい同点弾でした。

38分には広瀬の中央からいいシュートがありましたが大畑に胸で止められます。

広瀬はこの試合ではかなり中でのプレーもあり躍動していました。

リーグ戦で起用されない悔しさを晴らすべく好プレーが多かったです。

そして44分には守備陣から繋ぎ小泉、松村から最後はまたしても広瀬が打ちますがサイドネットでした。

これで前半も終了かと思われた最後に逆転します。

前半アディショナルタイムに杉岡からの鋭いクロスがDFに弾かれてまた戻ってきます。

これを再度丁寧にクロスを上げると広瀬がヘディングシュートをしGKが弾いてたボールがDFに当たりゴールです。

記録はオウンゴールになりましたが両サイドバックで決めたいい連携のゴールでした。

かつて西大伍、山本脩斗の時代には多々あり懐かしく感じました。

後半開始から土居に代えて荒木遼太郎を投入します。

リードしている展開でリーグ戦でずっと起用している荒木をなぜ出場させるのかわかりませんでしたがこの試合にこだわりがあったのかもしれません。

これで松村を右にします。

46分にその松村が右からドリブルでシュートがDFに当たりCKになります。

やはり松村は右サイドでの縦の突破が似合います。

そして60分に染野が腰を痛めて座り込んでしまいます。

直前に競り合って腰から落ちていましたのでその影響でしょう。

一旦ピッチから出ますがすぐに試合に戻り62分にDFからGKへのパスをカットし左足で打ちますがバーの上でゴールはなりません。

しかしやはりダメだったようで交代です。

ここで64分についにディエゴ ピトゥカが染野に代わって鹿島デビューとなります。

ただ染野がいなくなり前線の迫力が無くなります。

すると73分に16歳の福井太智に左サイドを突破されクロスに湯澤洋介が右足で決めて同点にされてしまいます。

ここから数分は鳥栖が攻勢に出てきますが抑え切ると両チームオープンな展開になります。

そこで81分に松村、舩橋に代えて須藤直輝、三竿健斗で勝負に出ます。

直後に鳥栖がゴール前のこぼれ球を山下敬大が左足で強烈なボレーを打ちますがゴール右に飛び九死に一生を得ます。

最後は83分に永木から常本佳吾にスイッチし右からの攻撃を活性化させます。

90分にその常本から絶好のクロスが上がりますが須藤の左足はミートせずゴールになりません。

最高のクロスだっただけに須藤は打ち切りたかったです。

そしてラストにピトゥカのクロスに杉岡の頭での折り返しはDFの手に当たりますがPKは取ってもらえません。

ルヴァン杯はグループステージではVARが導入されていないため不運でした。

おそらくチェックが入ればPKだったと思います。

結局このプレーが最後になり2-2のドロー決着でした。

この試合は選手交代するごとに配置を変え色々試していました。

これが今後に活きてくれば悪くない試合だったと言えるでしょう。

全体的に前半の方が動きは多かったです。

後半は染野が交代した辺りから鹿島の攻撃は停滞しました。

ロングボールも多くなったためピトゥカもそれほどボールに絡むことがなく彼の良さは見られませんでした。

トップ下で起用されていましたがボランチでもっとボールを触りながら見てみたいです。

まだ連戦は続くのでどこかでは長めに起用されると思います。

最後に気がかりなのは染野唯月の負傷です。

腰を痛めたようですが染野は高校時代の2019年、プロ入り初年度の2020年と2年続けて腰を悪くしています。

相馬監督は試合後にそれほど深刻ではないとコメントしていました。

ただ次の横浜FC戦は中2日なので出場は難しいかもしれません。

それでなくてもエヴェラウド、上田が離脱しており染野に期待がかかっていた中で残念です。

FW登録の選手が3人ともいないという非常事態です。

この状況で誰がFWを務めるかわかりませんがシーズン序盤で早くも総力戦になりました。

今節の杉岡のように日替わりヒーローの出現を期待しましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました