第30節セレッソ大阪戦を振り返って【しぶとく逆転勝利】

鹿島アントラーズ

9月26日は第30節セレッソ大阪戦がヨドコウ桜スタジアムで行われました。

結果は途中出場の上田綺世の2ゴールで2−1の逆転勝利です。

前節の川崎フロンターレ戦では悪夢の逆転負けを喫しましたが見事払拭する結果となりました。

気持ちの入った内容で見ていて面白かったです。

こういった試合を残り試合では見たいと思います。

まずは試合を振り返っていきます。

スターティングメンバーは以下の11人でした。

GK31 沖悠哉
DF32 常本佳吾
DF33 関川郁万
DF28 町田浩樹
DF2 安西幸輝
MF20 三竿健斗
MF21 ディエゴ ピトゥカ
MF7 ファン アラーノ
MF27 松村優太
FW8 土居聖真
FW17 アルトゥール カイキ

中3日ということで前線の選手を大きく変えてきました。

純粋なFWタイプの選手がおらず0トップのようなシステムです。

相馬監督が指揮を取り始めた頃はFW陣の離脱が相次ぎ採用していました。

前半はファウルを取られることもありましたが三竿、ピトゥカを中心に球際が激しかったです。

また松村が自由に動き回りチャンスを作ろうとはしていました。

しかし両チームともに決定機はなく試合は進みます。

唯一の決定機は鹿島が作りました。

32分に中央のピトゥカが左の安西にボールを展開します。

これを安西が左足でダイレクトで折り返すと中に土居が飛び込みますがわずかに合いません。

ユニフォームを引っ張られていたようにも感じましたがVARのチェックすらしてもらえません。

前半はキム ジンヒョンを脅かすシーンはありませんでしたが後半は開始から積極的にいきます。

まず50分にペナルティーエリア外でボールを持った三竿がチャンスと見るやロングシュートを放ちます。

しっかり枠には飛んでいましたがGKにうまく弾かれます。

また54分にはカウンターから松村が左サイドを突破しカットインからシュートを打ちます。

これはGKの正面のため弾かれますがその後ピトゥカが詰めて惜しいシーンを作りました。

攻撃が機能し始めた56分に鹿島が早めに動きます。

土居、アラーノ、カイキから和泉竜司 、荒木遼太郎 、上田綺世の3枚替えをしてきます。

しかしその2分後の58分に先手を取られてしまいます。

センターサークル内での奪い合いから原川力がボールを奪い取ります。

ドリブルで運び左の乾貴士に出し絶妙なラストパスに走り込んだ原川が左足で流し込みました。

いい時間帯にワンチャンスで決められてしまいます。

しかしすぐに鹿島は反撃に出ます。

65分に左サイドでボールを繋ぐと荒木が中央に切り込み右足で強烈なシュートを打ちます。

枠の右に逸れてしまいますがこれでスイッチが入りました。

そして直後に同点弾が生まれます。

66分にパス回しから中央の三竿が大外の和泉に浮き球のパスを出します。

これをトラップから正確に折り返すと上田がヘディングで決めました。

上田はこれで2年連続のリーグ戦二桁得点となりました。

76分に逆転を狙い松村に代えて遠藤康です。

遠藤はこの試合でリーグ戦300試合出場となりました。

そしてその遠藤が魅せてくれます。

80分に遠藤が右サイドからペナルティエリア内の上田にアウトサイドでパスを出します。

そして上田が瀬古歩夢に倒されPKを獲得です。

82分にこのPKを上田が自ら右下にきっちり決めます。

最後の交代枠で84分にピトゥカからレオ シルバを投入します。

このまま危なげなく逃げ切りたかったですがセレッソが同点を目指し攻撃の手を緩めなかったため苦戦しました。

何本か危ないシーンもありましたがどうにか守り抜くことができて良かったです。

連敗しなかったことは大きいと思います。

この勝利で勝ち点53となりました。

ただ残念な報告として鹿島アントラーズの2021シーズンのリーグ優勝がなくなりました。

川崎フロンターレが知念慶のアディショナル弾で湘南ベルマーレを振り切りました。

そして首位固めをする勝ち点を75まで伸ばしています。

鹿島は残り7試合を全勝しても勝ち点74にまでしか達せず追いつくことはできません。

あまりに早い終戦となりました。

2018年以降上位にはいますが優勝争いからは早くに脱落が続いています。

来年は真剣に考え直さなければなりません。

もう今年の目標はACL出場権を取ることに切り替えることになります。

3位争いに首の皮一枚繋がっている状態です。

残り7試合も負けられない試合が続きます。

最低限の結果にはなりますが達成できるようシーズンの最後まで頑張ってもらいたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました