新国立競技場の呪いと各スタジアムの建設費

Jリーグ

11月7日はルヴァンカップ決勝が行われる予定でした。

しかし柏レイソル内で選手、スタッフの合計15人がコロナの陽性反応が出たため急遽延期が発表されました。

延期と言っても今季は日程が詰まっており年内に行うことは無理なようで未定です。

ニュースでは来年の1月3日が有力のようですが無事に開催されるのでしょうか。

そして本来は初のルヴァン杯決勝の舞台となるはずだった新国立競技場ですが東京オリンピックに次いでまたしても延期になりました。

ちょうど1年前の2019年11月に竣工しましたがスポーツイベントは1月1日の天皇杯決勝と1月11日の大学ラグビー選手権決勝の2度しか行われていません。

新国立競技場と言えば完成するまでも様々な問題がありました。

1度はザハ・ハディドの近未来的なアーチのかかったインパクトのあるデザインに決定しました。

しかし総工費が2520億円と高額だったため再度やり直しになります。

そして隈研吾の案が選ばれ今の新国立競技場に至ります。

もちろんコロナのせいもありますが計画から完成、そして運用まで何一つうまくいっていません。

旧国立競技場は決してサッカーが見やすいスタジアムではありませんでしたが長らく愛されてきました。

日本代表ではサッカーの聖地と呼ばれ幾多の名試合がありました。

1958年の開場以来86試合の代表戦が行われています。

特に1998年のフランスW杯最終予選の韓国戦は大激戦でした。(1997年9月28日)

山口素弘のループシュートで先制するも1-2で逆転負けしW杯出場が危ぶまれた試合でした。

この試合は59,704人も観客が入っています。

ちなみにスポーツイベントとしては1964年10月24日の東京オリンピック閉会式が最多で79,383人の観客が入ったそうです。

果たして新国立競技場で今までを超えるような記録や記憶が生まれるのでしょうか。

東京オリンピックのために建設されたスタジアムであるためトラックがありサッカー専用スタジアムではありません。

しかし今までも国立でナビスコ杯決勝、天皇杯決勝、さらには高校サッカー決勝など主要な大会の決勝は行われてきました。

場所は都心にあるため新国立をサッカー専用スタジアムにすればよかったのではと今更ながら思います。

総工費は当初から下げたとは言っても今のスタジアムに1569億円もかかっています。

近年日本ではこれより安くかつ素晴らしいスタジアムがいくつもできています。

まずは主要なスタジアムの総工費を振り返ってみます。

日産スタジアム(横浜国際総合競技場) 603億円
1997年10月竣工。
収容能力72,327人と国内最大級の収容人数を誇る屋外多目的競技場が日産スタジアムです。
新国立競技場に近い規模の競技場ですが比べるとかなり安く感じますね。

埼玉スタジアム2002 356億円
2001年7月竣工。
日本国内のサッカー専用スタジアムでは最大の63,700人を収容できます。
2002年の日韓W杯の日本vsベルギー戦で使われました。
最近では日本代表の最終予選も行われるほど定着してきました。

豊田スタジアム 340億円
2001年6月竣工。
44,380人収容のサッカー専用スタジアムです。
FIFAクラブワールドカップが日本で開催された2005~2008年、2011~2012年の会場でした。

味の素スタジアム(東京スタジアム) 307億円
2000年10月竣工。
49,970人を収容できる多目的スタジアムです。
都心部からも行きやすく最寄りの京王線飛田給駅からは歩いてすぐです。

ここ20年くらい前にできた大きめのスタジアムでも数百億もあればスタジアムができています。

またこれらより安く素晴らしいスタジアムも完成しています。

サンガスタジアムbyKYOCERA(京都府立京都スタジアム) 156億円
2020年1月竣工。
21,600人収容の球技専用スタジアムです。
スタンドの下に商業店舗、4Fにはテラス席のあるレストランがあります。
また麒麟がくる京都大河ドラマ館なるものがありおもしろそうです。

パナソニックスタジアム吹田(市立吹田サッカースタジアム) 150億円
2013年12月竣工。
39,694人収容のサッカー専用スタジアムです。
観客席最前列からタッチラインまでが7mと臨場感が半端ないです。
130億円を寄付金で充当した素晴らしいスタジアムです。

上記2つは100億円台でかなりよいスタジアムができています。

またサンフレッチェ広島も広島市中心部に30,000人規模の新スタジアムを2024年に開業予定です。

こちらも総工費は約190億円で寄付金で賄おうとしています。

これらの規模でこのくらいの費用でできるのであればどうしても新国立競技場の割高感は否めません。

場所は山手線の代々木駅からでも徒歩圏内と抜群によいです。

今後使い道に困るようであればいっそのこと何百億か投資し球技専用スタジアムとして活用した方が運用できそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました