2021年序盤戦の選手序列【鹿島アントラーズMF、FW編】

鹿島アントラーズ

前回はGK、DFの選手序列を行いました。

今回は中盤より前の選手の考察です。

早速いきましょう。

CH
◎ 三竿健斗
○ レオシルバ
○ 永木亮太
△ 舩橋佑
  小川優介

ここまでは三竿が確定でした。

しかし不調なことは誰が見ても明らかでルヴァン杯アビスパ福岡戦ではメンバー外になっています。

これからすぐ戻ってくるのか、数試合外れるのかわかりません。

その試合で出場した舩橋はルーキーらしからぬプレーでサポーターの心を掴みました。

ユース出身のため鹿島のプレーをわかっており大きなアドバンテージになっています。

勢いのままポジションを奪取できるか注目です。

またレオシルバと永木は安定の実力を発揮しています。

この2人はローテーションをしながら起用していくものと思われます。

既に今いるメンバーでどうにかなるポジションですがピトゥカが来てどういう序列になるか楽しみです。

右SH
◎ ファンアラーノ
△ 松村優太
△ 遠藤康

ザーゴ監督のお気に入りのファンアラーノが絶対的なレギュラーです。

しかし彼が出場しなかったルヴァン杯の2試合がうまく回っているという矛盾が生じています。

昨年からどうも他の選手と噛み合っていない印象です。

運動量も多く守備の貢献度も高いですが助っ人枠で来ているため期待値が上がってしまいます。

松村はスーパーサブとして定着しましたがレギュラーにはまだ遠いです。

縦の突破は途中出場だからこそ活きているような気がします。

遠藤も途中出場でアクセントは付けられますが常時出場する感じではありません。

左SHには戦力が余剰していますので荒木辺りを右で使いながらシーズンを戦うようになりそうです。

左SH
○ 土居聖真
○ 荒木遼太郎
○ 和泉竜司
△ 白崎凌兵
  須藤直輝

戦力が拮抗しており人材が豊富ですが絶対的な選手がいないポジションです。

おそらく4-4-2では土居、4-2-3-1では和泉が一番手であったはずです。

ただ2人とも怪我で離脱しています。

予定では土居が4月中旬、和泉が5月下旬に復帰です。

そのため得点力が開花した荒木が1番手になっています。

白崎もテクニックが抜群でサイドバックとの連携面では優れたものがあります。

誰を起用するか悩ましいですね。

アルトゥールカイキも近々合流しどうなるか全くわかりません。

これだけ実力者がいますので誰かを他のポジションに回すことになりそうです。

FW
◎ エヴェラウド
○ 上田綺世
△ 染野唯月

エヴェラウドの評価はかなり高いです。

どのような戦術であれ彼を外すことはないでしょう。

怪我から上田が帰ってきたため攻撃のバリエーションが増えました。

ザーゴ監督が今後1トップで行くのか2トップで行くのかが注目です。

ただ上田をベンチに置いておくのはもったいないため2トップが見たいです。

昨シーズンも2トップにしてから攻撃の迫力が増しています。

J屈指の2トップです。

また染野も継続的にベンチ入りできるようになりました。

将来のエース候補ですので少しずつ出場時間を増やしてほしいです。

人数的には少ない3人で回す分、怪我には気を付けたいです。

まだシーズンが始まり1ヵ月ですが7試合で高卒ルーキー2人とGK2人を除いた25人を起用しています。

昨シーズンは登録33人中、途中でレンタル移籍をしたブエノと佐々木翔悟を除く31人全員が公式戦に出場しました。

ザーゴ監督は全員にチャンスを与える傾向にあります。

今後シーズンが進むにつれてまだチャンスがない選手にも出番は来ると思います。

4月は7試合、5月は8試合と過密日程は続きます。

これからこの序列はどんどん変わっていくことでしょう。

最終的には誰がレギュラーを勝ち取るのか注目です。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました