鹿島アントラーズの歴代日本人監督は名選手であり名監督

鹿島アントラーズ

8月8日に岩政大樹の鹿島アントラーズ監督就任が発表されました。

鹿島史上歴代14人目の監督の誕生です。

初代の宮本征勝こそ日本人でしたが、その後はブラジル人監督が歴任することになります。

2人目の石井正忠の就任が2015年7月だったので21年ぶりの日本人監督でした。

ここから監督が解任されると当時の日本人コーチが昇格することになります。

日本人監督では岩政が5人目ですが、石井以降鹿島のOBが監督を務めています。

選手として成功を収めた選手であるばかりでなく人格者でもあります。

今回はその監督たちが現役時代どのような実績を残してきたかを見てみたいと思います。(括弧内は鹿島監督就任期間)

石井正忠(2015年7月〜2017年5月)
J1リーグ戦95試合3得点(鹿島所属時94試合3得点)
守備的なボランチのプレーヤーでした。
派手な選手ではありませんでしたがチームに欠かせない1人です。
そしてジーコの推薦で1993年開幕年の初代キャプテンに就任します。
その頃から統率力は優れていたのかもしれません。
監督になった直後にナビスコ杯で優勝します。
また翌年2016年はチャンピオンシップで浦和レッズを倒し年間王者に輝きます。
勝負運を持った監督でした。
2021年-2022年シーズンはブリーラム・ユナイテッドFCをリーグ優勝に導きタイリーグで史上初の日本人優勝監督となっています。
非常に知的な名将です。

大岩剛(2017年5月〜2019年)
J1リーグ戦386試合10得点(鹿島所属時165試合2得点)
日本代表3試合0得点
名古屋グランパスエイトで2冠、ジュビロ磐田で1冠、鹿島で5冠と所属した全3クラブでタイトルを獲得しています。
2010年度の天皇杯決勝で優勝して引退するという最高の形でした。
監督になり2017年に最終節でリーグ優勝を逃すという悪夢もありました。
しかし翌2018年にはACLを制しクラブの悲願を達成します。
ようやく戦力になった若手が海外移籍をしてしまう苦しい時期でも安定した成績を残します。
現有戦力の特徴を活かし最大限力を発揮させてくれる監督です。
現在はパリオリンピックを目指すU-21日本代表監督です。

相馬直樹(2021年4月〜2021年)
J1リーグ戦289試合10得点(鹿島所属時250試合10得点)
J2リーグ戦15試合0得点
日本代表58試合4得点
これまでの監督の中では最も鹿島アントラーズの選手として実績があります。
日本代表としても長く左サイドバックのレギュラーとして活躍しました。
鹿島での監督期間は短かったですが鹿島らしい守備から粘り勝つサッカーを体現してくれました。
色々なJクラブで監督を歴任しており経験値は高いです。
現在もJ2大宮アルディージャの監督をしています。

岩政大樹(2022年8月〜)
J1リーグ戦290試合35得点(鹿島所属時290試合35得点)
J2リーグ戦82試合10得点
日本代表8試合0得点
そして岩政新監督です。
鹿島歴代8位のリーグ戦出場数を誇ります。
またリーグ3回、カップ戦2回、天皇杯2回と7冠をしています。
東京学芸大学教育学部を卒業しているだけあり現役時代から計算された守備が売りでした。
今季もレネ・ヴァイラー監督の来日が遅れたため代行監督として指揮をとっていました。
その頃も結果を出していましたがこれからは正式な監督です。
自分のやりたいサッカーを表現して欲しいです。

鹿島の日本人監督は全員現役時代は守備の選手でした。

また外国人監督もどちらかと言うと守備の選手が多かったです。

何か理由があるのでしょうか。

これまでの日本人監督は鹿島以外でも監督をやられて成功されています。

「名選手、名監督にあらず」という格言がありますが鹿島に限っては当てはまっていません。

皆名選手であり名監督になっています。

これから岩政監督はどのようなサッカーを見せてくれるのでしょうか。

エレケは合流しそうですがその他の補強は無さそうです。

まずは守備ですが岩政監督のCB論を叩き込んで林尚輝には大きく成長して欲しいです。

鹿島のサッカーは守備が基本なので林には期待しています。

また攻撃陣では土居聖真と荒木遼太郎の復活がポイントです。

2人ともレネ・ヴァイラー前監督の下では存在感を出せませんでした。

しかし能力の高さは説明するまでもありません。

特に荒木はシュートがうまく得点力があります。

2人が本来の力を発揮してくれれば補強せずと戦えるはずです。

そして鈴木優磨の負担も軽減されるでしょう。

序盤戦の代行監督の時には2人とも起用されており貴重な戦力です。

鹿島にはいい選手が揃っています。

これからのクラブのため岩政監督には選手の能力を引き出してもらいたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました