サガン鳥栖との対戦成績を振り返る【樋口雄太、古巣との初対戦】

鹿島アントラーズ

5月25日は第15節サガン鳥栖戦がカシマサッカースタジアムで行われます。

鹿島アントラーズは前節の浦和レッズ戦を1−1の引き分けに終わっています。

首位の川崎フロンターレも引き分けたため勝ち点差は開かずに済みました。

今季はまだどのクラブも抜け出せずに混戦状態が続いています。

鹿島としてはそろそろ連勝をし優勝争いをリードしていきたいところです。

対するサガン鳥栖は4勝8分2敗の勝ち点20で8位となっています。

負け数が2しかなく引き分けが多いためこの順位ですが内容は悪くはありません。

また川崎や横浜F・マリノス、サンフレッチェ広島には引き分け、柏レイソルには勝利と上位相手に負けていません。

鹿島は上位陣に全て負けており対照的な結果です。

まだ上位とはそこまで差がないためこれからの戦い方で一気に順位を上げてくるかもしれません。

鳥栖は鹿島相手にもしっかりとした戦術で臨んでくると思うので呑まれないようにしたいです。

これまで鳥栖とはリーグ戦では20回対戦があり通算成績は10勝3分7敗です。

勝率はちょうど50%であり相性は悪いです。(全体では1004試合で557勝144分303敗の勝率55.5%)

20試合で得点は23、失点は14となっています。

かなり両チームともに得点が少ないです。

以下がここ6年間の対戦成績です。

2016年
3月5日1st第2節 ○1-0
7月30日2nd第6節 ●0-1

2017年
4月30日第9節 ○2-1
9月30日第28節 ●0-1

2018年
3月18日第4節 ○1-0
12月1日第34節 △0-0

2019年
5月26日第13節 ●0-1
7月20日第20節 ○2-1

2020年
8月8日第9節 ○2-0
10月14日第22節 ○2-0

2021年
5月22日第15節 ●1-2
11月27日第37節 ○1-0

ここ12試合では7勝1分4敗です。

通算成績よりかなり勝率を上げてきています。

ただデータ通り、得点は両チームともに少ないです。

うまく先制点を取ってリードしたまま試合を終わらせたいです。

その攻撃のキーマンは樋口雄太です。

樋口は今季サガン鳥栖から移籍をしてきましたが加入直後から攻撃の鍵を握る選手になりました。

プロ入り後初の移籍のため古巣との初対戦です。

色々な思いがあると思いますが鹿島のために精一杯プレーし鳥栖で学んだことを発揮してもらいたいですね。

相手の鳥栖で気を付けたいのは小泉慶です。

ここまでリーグ戦は全試合スタメン出場をしています。

第7節の北海道コンサドーレ札幌戦では13.36kmを走り今季の全体で第4位の走行距離となっています。(5月23日現在)

相変わらずの運動量ですが鳥栖というチーム全体も凄い運動量です。

チーム平均の走行距離124.027kmはトップであります。(鹿島は117.109kmで全体6位)

相手の運動量が落ちないのはわかっているのでそこには付き合わずうまくボールを回したいですね。

鹿島は連戦で疲労が溜まっているように感じます。

特に終盤の強度が課題になっている中での鳥栖との対戦はレネ・ヴァイラー監督の策が問われます。

この鳥栖戦と次のFC東京戦が終わるとインターナショナルマッチウィークになるため約3週間空きます。

2連勝し、できれば首位に立った状況で中断期間を迎えたいです。

【2022年リーグ戦ゴール、アシスト】

ゴール
上田綺世 8
鈴木優磨 6
アルトゥール・カイキ 4
荒木遼太郎 1
三竿健斗 1
ファン・アラーノ 1
松村優太 1

アシスト
鈴木優磨 4
樋口雄太 3
和泉竜司 2
ディエゴ・ピトゥカ 2
アルトゥール・カイキ 2
土居聖真 1
荒木遼太郎 1
常本佳吾 1
ブエノ 1
上田綺世 1
松村優太 1

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました