11月10日は鹿島アントラーズ、アジア初制覇の日

鹿島アントラーズ

2018年11月10日18:30(日本時間11月11日0:00)にペルセポリスとのACL決勝第2戦がアザディスタジアムで行われました。

観客は約10万人で完全アウェイの中0ー0のスコアレスドローで乗り切りました。

1週間前の11月3日のホーム第1戦を2-0で勝っていたため、トータルスコア2-0で鹿島アントラーズが初のアジアチャンピオンになった夜です。

本当に鹿島にとって悲願のアジアタイトルでした。

それまで国内タイトルはJリーグ最多の19冠でリーグ戦、カップ戦、天皇杯とどれをとっても最多優勝を誇ります。

しかしアジアの戦いになると全く勝てませんでした。

現行のACLになって2002-2003年、2008~2011年、2015年、2017年、2018年と8回目の挑戦でした。

その間に浦和レッズは2回、ガンバ大阪も1回ACLで優勝し先を越されました。

2002-2003年、2015年はグルーグリーグ敗退でしたが残りの5回はすべて決勝トーナメント1回戦で負けるという屈辱の日々でした。

2009年はFCソウルにPK負けをしました。

2011年もFCソウルと当たりリベンジに燃えましたが0-3と大敗しました。

2017年は広州恒大にアウェイゴールの差で敗退しました。

どれも悔しい思い出です。

鬼門の決勝トーナメントで1回勝てれば波に乗ると思っていましたが本当にそのようになり嬉しかったです。

あれから4年が経ちましたがチーム戦力は上がっているのでしょうか。

再度アジアチャンピオンを目指せる選手層になっているのでしょか。

ACL決勝のスタメンと今年2022年の基本スタメンを見比べてみます。

まずはACL決勝のスタメンです。(第1戦、第2戦ともに同じメンバー)

GK
クォンスンテ

DF
西大伍
チョンスンヒョン
昌子源
山本脩斗

MF
三竿健斗
レオシルバ
土居聖真
安部裕葵

FW
セルジーニョ
鈴木優磨

そして今年の基本スタメンです。

GK
クォンスンテ

DF
常本佳吾
関川郁万
三竿健斗
安西幸輝

MF
樋口雄太
ディエゴピトゥカ
和泉竜司
アルトゥールカイキ

FW
土居聖真
鈴木優磨

今季は鈴木がシント=トロイデンから復帰してくれました。

そのため鈴木、三竿を軸とした構成になっています。

ただ他は別のチームかと言えるくらいメンバーが様変わりしています。

特にディフェンスラインが全員違うのは驚きです。

また絶対的なレギュラーと言える選手が少なくなっているところも気になる点です。

正直2018年の方がメンバーは揃っていますよね。

よく誰が出ても鹿島は鹿島というフレーズを耳にします。

これは現役時代ライバルであったジュビロ磐田の名波浩が結局鹿島は強いという意味で発した言葉と言われています。

確かにどれだけ選手がいなくなっても誰が出てもずっと上位ではいます。

しかしタイトル獲得はできていません。

鹿島にとって2位以下は同じで評価されないのです。

ACL優勝により鹿島は20冠となりました。

それ以降今日までタイトル数は変わらず20個のままです。

丸4年間何一つのタイトルも獲得できていません。

これまで2003年〜2006年の4年間無冠がワーストであり現在並んでしまっています。

鹿島の時計は止まったままです。

来季こそタイトルを獲得し歓喜の瞬間を味わいたいものですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました