ジーコの破られないで欲しい記録

鹿島アントラーズ

Jリーグが1993年に開幕して早28年目になりました。

その中で様々な記録が生まれました。

記録というのは更新されるもので、中々昔の記録は残らないものです。

しかし1994年の記録が更新されずにまだ残っています。

それはJ1最年長得点記録です。

そしてその記録の保持者はサッカーの神様ジーコになります。

ジーコは引退試合となった1994年6月15日にヤマハスタジアム(当時の名称:ジュビロ磐田サッカースタジアム)で行われたのジュビロ磐田戦で相馬直樹の左からのクロスを右足ダイレクトボレーで決めました。

このゴール時の年齢は41歳3ヵ月12日でした。

ちなみにその試合は2-1でアントラーズは勝利し最高の引退試合となっています。

また鹿島関連の外国籍選手は息の長い選手が比較的多いようです。

鉄人サントスは清水エスパルス時代に決めたゴールが歴代第6位にランキングされています。(39歳7ヵ月13日)

そしてマルキーニョスはヴィッセル神戸時代に決めたゴールが歴代第8位となっています。(39歳3ヵ月18日)

このように優秀な外国籍選手たちもいまだにジーコの記録を抜けていません。

そして日本人ではどうでしょうか?

日本人トップの年長記録は三浦知良になっています。

前回横浜FCがJ1にいた2007年に40歳6ヵ月6日でゴールを記録しています。

そのカズは現在も現役でありゴールを決めればその時点で最年長得点記録を更新です。

ただ今シーズンはルヴァン杯で出場はしていますがリーグ戦ではベンチ入りすらしておらず更新できる可能性は低いと思われます。

そしてもう一人ジーコの年齢を超えており記録更新の可能性がある選手がいます。

それはカズと同じ横浜FC所属の中村俊輔です。

中村は1978年6月24日生まれでありすでに42歳になっています。

今シーズンはレギュラーではないもののジョーカー的な存在でリーグ出場もしています。

なんと言っても中村にはFKという最大の武器があり、PKやミドルシュートもあるため得点するかもしれません。

日本のスーパースターに記録更新されるのは嬉しいような気もしますがやはりジーコの記録はずっと残って欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました